香港での植物

7月の上旬に金曜日の深夜発~月曜の早朝着の1泊3日で香港に行ってきました。
そんな強行軍なスケジュールでしたが、初めての香港はなかなか面白く
食事もおいしくとても楽しかったのですが、町中に漂う香辛料?の匂いがちょっと苦手でした。
…あの匂いはなんの匂いなんでしょう。
それでは、現地で見かけた植物など載せたいと思います。

香港での1泊は奮発してフォーシーズンズホテルにしたのですが、そこの植栽です。
植わっている赤い花はケイトウですが手前の白いのはなんでしょう?
ケイトウとメランポジュームと素朴な花でも整然と植わっていると迫力がありました。

街中でみかけたナゾな樹。
香港は坂が多いので、長い年月かけて根が露出してきたのでしょうか?ラピュタみたいで幻想的ですが
真夜中に見たら暗闇坂の人喰いの木かも…。

ザ・ペニンシュラ香港の内装と入り口の白いライオン像です。
白いライオンの隣に植えてあるニチニチソウがこんもりしていてかわいいです。

1881ヘリテージも見て来ました。

久しぶりにブログを書きました。
仕事で直接植物を触ることがほとんどないのですが
これからは出先で見つけた植物などをブログでご紹介していこうと思っています。
よろしくお願いします。

ヒューケラとアンゲロニア

六月の末に開催したガーデニングの講習会で使用したヒューケラが少し余ったので、自宅のハンギングのプランターに植えておりました。株はあまり大きくなっておりませんが、花茎がのびその先に小さな可愛い花を咲かせております。けなげなものです。本来葉っぱのバリエーションを楽しむカラーリーフプランツとして人気の多年草ですが、こうして鼻も楽しめるのです。二枚目の写真はアンゲロニア、今や夏を代表するまでの花になりました、茎は細く弱いのですが、秋遅くまで咲き続けてくれます。

アメリカフヨウ

どうです、大きな花でしょう?成田の農場のプランターで、アメリカフヨウ「ルナ」が大きな花を咲かせました。夏なんですね?やっぱり。同じ仲間のハイビスカスに比べてひとまわりも二回りも大きな花弁です。この危険な暑さの中、花たちはなんとけなげに私たちに元気な姿を見せてくれるのでしょうか?ありがたいことです。

今日は七夕だ。

今日も暑いけれど、昨日も暑かった。これからは毎日こんな感じだね。日焼けに向かってGOって感じでしょうか。昨日はTacchanと朝から晩まで一緒、ドライブ、ドライブ。納品3か所して、お花の植替えして、最後は蒲田でメンテナンス。お花植替えは都内ビル2階の花壇、サルビア赤・白・マルーゴールド・メランポジウム・ニチニチソウを植えましたよ。お花さん達は植えてるそばから、「早くお水、お水ちょうだい!」って言ってました。お花さん達も、相当暑かった様です。これからの時期はなんたって水やりですね。今日は七夕、皆さんは短冊に願い事何か書きましたか。

可愛い、物体

家のまわりは今、建設ラッシュ。あれれ、ベランダから見えるのは何?と思ってました。ピンクにドット柄?こんなに可愛らしい色合い、柄の重機が今はあるのね。私が休みの日は工事もお休みなので、実際にこの子達が働いている姿を見た事がないのよ。ベランダから朝夕みていただけ。可愛らしくコチョコチョ動きまわっているのかしらね。音も可愛らしかったりしてね、それはないか。最終的に、団地が建ちます。