「園芸福祉士への道と言うか講習会の様子」

初級園芸福祉士養成講座を受けた。
場所は農大の世田谷キャンパスだ。
大学って場所はなんて広いのだろうと言い訳をしながら彷徨い、
昼食で大学の学食を楽しみにしてみたり、
生協で農大オリジナルの酒を買ったり、
座学では恐ろしいほどの睡魔と戦い、
なんやかんや真面目に話を聞いていました。
歳を取ってからの学びは良いもんで、
真面目に聞くんですよ本当に。
そして、3~4日目は実習。
3日目は低予算での~と言った設定で実習。
ペットボトルを使ったアレンジメントを行う。
4日目は、場所を変えての花壇作り。
色んなテーマがあり、
「子供向け」「視覚障害者」「ストレス」「車椅子の方向け」
などなどなど。
自分は受講者でありながら花の企画者の社員でもあるので、
花を並べたり、古い花を抜いたり植え替えたり耕したり。
そんな下準備も落ち着いた頃に昼食を頂く。
大急ぎでオニギリを食べる。

そして、素知らぬ顔で簡単な座学からの→花壇作りである。
自分の居た班は「子供向け」の花壇だった。
そしてワイワイと楽しく植え始める。
課題と班の雰囲気がマッチしていて、
非常に楽しい花壇が出来たかと思います。

テーマとしては一番簡単だったかも知れませんね。
他の班を置き去りにして一気に作り上げました。

そして他の班は難しい課題に挑戦してました。

↑↑視覚障害者向けの花壇

↑↑車椅子の方でも作業しやすい花壇。

と、色んな課題を分けられた班毎に頑張って作成しました。
次は試験が待っています。
うん、、、、あまり考えない様にしようっと、、、、

Taki の紹介

花の企画社の新米にして年齢は古米。学ぶ事が多いが、本を読むよりも直接花に触れる事が最大の学習だと感じている今日この頃。一見、ファンタジーなブログを書いているが、本人曰く「ほぼノンフィクション」。自分なりの角度で誰かに何かが伝われば良いと思っています。花の生死を司る仕事なので、精神的には結構大変な仕事だと感じています。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク